ちゅらトゥースホワイトニング

ちゅらトゥースホワイトニングに綿棒は効果的?正しい使い方を解説

「ちゅらトゥースホワイトニングは綿棒で使ったほうがいいの?」
「ちゅらトゥースホワイトニングの綿棒の使い方はわからない!」

「綿棒が良い!」といきなり言われても、本当に効果があるのか?
正しい使い方はどんなものなのか?わからないですよね

この記事では、ちゅらトゥースホワイトニングを使うほうが効果的なのか?
使い方について、実体験を元に説明させていただきます。

これでちゅらトゥースホワイトニングの正しい使い方がわかりますので、安心して使えますね!

【結論】ちゅらトゥースに綿棒はNG!

さきに結論をお伝えします。

ちゅらトゥースホワイトニングに綿棒はおすすめしません。

理由は以下の3つです。

  1. 普通に使うより時間が倍以上かかる
  2. すぐに綿棒がへたれて、使いものにならない
  3. ちゅらトゥースの無駄使い

1つ1つ見ていきましょう。

1:普通に使うより時間が倍以上かかる

ちゅらトゥースホワイトニングの魅力のひとつは「歯磨きしながら、歯の汚れを落とせる」ことです。

しかし綿棒を使うと、1本1本こすっていかなければならず、お手軽感がなくなってしまいました。正直、すごく大変です。

試してみたところ、上下8本だけで10分近くかかりました…

1本1本丁寧に磨けるならいいじゃないか!」と思われるかもしれませんが
それなら特典のワンタフトブラシのほうが奥歯まで届くので、使い勝手もいいです。

無理に綿棒を使って、時間をかける理由はありません。

2:すぐに綿棒がへたれて、使いものにならない

歯を磨いている間は口を開けているので、どうしてもよだれが出てしまいます。

このよだれを綿棒が吸収してしまうので、すぐへたってしまうんですね…

試してみたところ、1本の歯を磨くのに、1本の綿棒を使いました。
綿棒を変えるたびに、ちゅらトゥースホワイトニングを付け直して…とやると本当に面倒くさいです。

1番の時間やお手軽感にも通じるところですね。

3:ちゅらトゥースの無駄使い

ちゅらトゥースホワイトニングは「歯を白くする」以外にも様々な効果があります。

  • 虫歯の発生を抑える
  • 口臭予防
  • 歯茎の健康維持

こうした効果は成分を口の中全体に行き渡らせるからこそ、効果が出るものです。

しかし、綿棒を使うと歯の表面にしか使えず、非常にもったいないです。

ちゅらトゥースは普通に使いましょう。

実際に使ってみて、正直大変でした・・・

以上の3つの理由から
ちゅらトゥースホワイトニングは綿棒より歯ブラシをおすすめします

どうしても使うなら、時間は必須

それでも「どうしても綿棒で磨きたい!」という人は、しっかり時間を確保しましょう。

朝はなかなか時間がとれないでしょうから、やるなら夜でしょうか…

仕事で疲れていると思うので、適当に腰かけながらがいいですね。

幸い、普通の歯磨きと違って泡は立ちづらいので、洗面所でなくともできるのは良い点ですね!

正しく使えば効果的!

ちゅらトゥースホワイトニングは正しく使えば、効果的に歯の汚れを落とせます。

綿棒を使わなくても、毎日ちゃんと歯磨きを継続することが大切です。

こうしている間にも、歯の汚れは蓄積されていきます。歯を磨き始めた瞬間から、あなたの歯が白さを取り戻しはじめますよ!

≫ちゅらトゥース最安値はこちら