ホワイトニング比較

アパガードリナメルとパールホワイトプロEXを比較

この記事では、パールホワイトプロEXとアパガードリナメルを選ぶべきか、さまざまな角度から検証しました。

「本当に効果があるのは、どっちだろう?」
「どうやって選べばいいのかな?」
どちらも良い値段の商品なので、悩んでしまいますよね。

実際に両方の商品を使った私の結論はこうです。

  • 値段・続けやすさ ⇒ アパガードリナメル
  • 効果       ⇒ パールホワイトプロEX

アパガードリナメルVSパールホワイトプロEX


  パールホワイトプロEX アパガードリナメル
写真
販売元 株式会社美健コーポレーション 株式会社ザンギ
初回価格 2,970円(税別・送料無料) 2,154円
単品価格 7,980円(税別・送料600円) 3,150円
定期購入 5,480円(税別・送料無料) 2,154円
容量 30g(1か月分) 120g
使い方 普段の歯磨き時に、優しくブラッシング 普段の歯磨き時に、優しくブラッシング
口コミ・評判
有効成分 3つ
DL-リンゴ酸・メタリン酸・ポリリン酸
6つ
薬用ハイドロキシアパタイト、マクロゴ―ル400(PEG-8)、ゼオライト、ポリビニルピロリドン(PVP)、 β―グリチルレチン酸、塩化セチルピリジニウム
研磨剤 不使用 不使用
定期特典 毎回パールホワイトプロシャイン(歯磨き粉)、オリジナルホワイトニング専用歯ブラシプレゼント 特になし

比べて分かったこと

値段で選ぶなら、アパガードリナメル

アパガードリナメルは定期商品ではなく、Amazonなどで自分で買う必要がありますが値段は一定です。
縛りや1回目と2回目以降の値段の違いはありません。

パールホワイトプロEXは、初回2,980円、2回目以降は5,480円となり、さらに3回縛りがついてきます。
パールホワイトプロEXの合計金額は13,940円となり、非常に高いです。

14,000円あれば、2,000円強のアパガードリナメルは6ヶ月分買えてしまいますね。
値段で決めるなら始めやすく、買いやすいアパガードリナメルがおすすめです。

効果・成分で選ぶなら、パールホワイトプロEX

パールホワイトプロEXは医薬部外品となります。
ポリリン酸やメタリン酸に加えて、殺菌成分のイソプロピルメチルフェノールなどもあり、しっかりと薬効成分が配合されています。

アパガードリナメルには、ホワイトニング成分はマクロゴ―ル400(PEG-8)しか配合されていません。
マクロゴ―ル400(PEG-8)はタバコのヤニを落とす成分です。紅茶やコーヒーの着色汚れにはイマイチです。
また有名なハイドロキシアパタイトは、歯の細かい傷を修復する成分であり、汚れを落とす成分ではありません。

歯の汚れを落としたい、ホワイトニングがしたいなら、パールホワイトプロEXのほうがおすすめです。

比較まとめ

パールホワイトプロEXはこんな人におすすめ

  • 有効なホワイトニング成分を使いたい
  • モデルも使用している有名商品を使いたい
  • 口臭対策もしたい

パールホワイトプロEXの最安値はこちら

アパガードリナメルはこんな人におすすめ

  • 縛りなしで安心して買いたい
  • 歯をつややかにしたい
  • 口内の環境を整えたい

アパガードリナメルの最安値はこちら