ホワイトニング比較

アパガードリナメルとちゅらトゥースホワイトニングを比較

この記事では、ちゅらトゥースホワイトニングとアパガードリナメルを選ぶべきか、さまざまな角度から検証しました。

「本当に効果があるのは、どっちだろう?」
「どうやって選べばいいのかな?」
どちらも良い値段の商品なので、悩んでしまいますよね。

実際に両方の商品を使った私の結論はこうです。

  • 値段・続けやすさ ⇒ アパガードリナメル
  • 効果       ⇒ ちゅらトゥースホワイトニング

ちゅらトゥースホワイトニングVSアパガードリナメル


  ちゅらトゥースホワイトニング アパガードリナメル
写真
販売元 チュラコス株式会社 株式会社ザンギ
初回価格 3,980円(税別・送料無料) 2,154円
単品価格 5,980円(税別・送料無料) 3,150円
定期購入 4,980円(税別・送料無料) 2,154円
容量 30g(1か月分) 120g
使い方 普段の歯磨きの後に、優しくブラッシング 普段の歯磨き時に、優しくブラッシング
口コミ・評判
有効成分 6つ
ポリアスパラギン酸・リンゴ酸
ビタミンC・GTO・アラントイン・シメン-5-オール
6つ
薬用ハイドロキシアパタイト、マクロゴ―ル400(PEG-8)、ゼオライト、ポリビニルピロリドン(PVP)、 β―グリチルレチン酸、塩化セチルピリジニウム
研磨剤 不使用 不使用
定期特典 初回お届け時に、ワンタフトブラシ 特になし

比べて分かったこと

値段で選ぶなら、アパガードリナメル

値段で選ぶなら、アパガードリナメルがおすすめです。
アパガードリナメルは定期商品ではないため、Amazonなどで常に一定の価格で購入でき、縛りなどもありません。

ちゅらトゥースホワイトニングは、初回3,980円、2回目以降4,980円、3回縛りと値段も高く条件もあります。
最低の3回目まで購入すると13,940円となります。

この14,000円があれば、アパガードリナメルは6ヶ月分買えてしまいますね。
値段で決めるなら、アパガードリナメルがおすすめです。

効果・成分で選ぶなら、ちゅらトゥースホワイトニング

ちゅらトゥースホワイトニングは医薬部外品に認定されています。
医薬部外品とは、厚生労働省にホワイトニングの有効成分が一定以上配合されていることを認められている製品のことです。

ホワイトニング成分以外にも、口臭・虫歯に効果のある成分が配合されているので、トータルの口内ケアまで考えつつ、ホワイトニング効果を期待できるのは、ちゅらトゥースホワイトニングです。

アパガードリナメルに配合されているホワイトニング成分はマクロゴ―ル400(PEG-8)だけです。
マクロゴ―ル400(PEG-8)はタバコのヤニを落とすのに効果的ですが、コーヒーや紅茶の着色汚れにはイマイチです。
また有名なハイドロキシアパタイトは、歯の表面の細かい傷を修復する成分で、汚れを落とすものではありません。

歯の汚れを落とす、ホワイトニングをするならちゅらトゥースホワイトニングのほうがいいでしょう。

比較まとめ

ちゅらトゥースホワイトニングはこんな人におすすめ

  • 医薬部外品で確実性が欲しい
  • 歯の汚れを落とし、ホワイトニングをしたい
  • 口臭・虫歯対策もしたい

ちゅらトゥースホワイトニングの最安値はこちら

アパガードリナメルはこんな人におすすめ

  • 喫煙者でタバコのヤニが気になる
  • 歯をつややかにしたい
  • 口内環境を整えたい

アパガードリナメルの最安値はこちら